surgery

がんの治療

十二指腸がんは日本では比較的発生度の低いがんに分類されています。十二指腸は胃と小腸を繋ぐ30センチ程の部分で、位置ごとに4つの部位に分けられています。病気になった場合は温存治療をしてみましょう。

様々な方法

頸部脊柱管狭窄症の一般的手術には大きく分けて3つの手技があります。頸椎椎弓形成術は狭くなっている脊髄の空間を広げる手術になります。頚部後方から切開しY時の様な形の両椎弓の根本を広げ、人工骨によって広げた状態を保ちます。

費用を準備する

ヘルニア手術の名医による手術を行なうには名医を探す必要があります。ココで探し方や手術の流れをチェックしておきましょう。

ガンマーナイフとサイバーナイフの費用

現在、頭部領域におけるがんや腫瘍では、外科的手術をはじめ放射線装置によっても治療が行われています。放射線治療に用いられる装置にはガンマーナイフやサイバーナイフと呼ばれるものが存在しており、頭部内にある病巣へ集中照射させる原理のものとなります。 ガンマーナイフにおける治療費用は、保険適応で50万円となります。3割負担の場合だと15万円の費用が必要となります。一方、サイバーナイフにおける治療費用は、保険適応で63万円となります。3割負担の場合だと18万9千円の費用が必要となります。保険適応の費用で見てみると、ガンマーナイフとサイバーナイフの治療費用差は3万9千円の差額となっています。サイバーナイフの方が近年登場した装置であり、より高度な医療技術を備えている事からこの費用差が生じたものとなります。

照射部位における治療費の特徴

ガンマーナイフでは、頭部領域のがんや腫瘍のみに利用できる放射線治療装置です。一方サイバーナイフでは、頭部領域に加え全身にも利用できる放射線治療装置となっています。双方共に頭部領域においては保険適応が認められているのですが、サイバーナイフにおける頭部領域以外の治療費用は保険適応外とされています。 基本的に全身の放射線治療が可能とされているサイバーナイフでも、そのほとんどが頚部領域に限られているものであり、自己負担による費用が必要とされています。 サイバーナイフにおける頭部照射では、保険適応に加え高度医療費払い戻しまで考慮すると7万円前後の自己負担となりますが、頚部照射では、保険適応が対象とならない為に63万円そのまま自己負担するものとなります。

種類や費用

近年は乳がんになる女性が多いです。一言で乳がんといっても様々な種類があります。また、ガンにはステージがあることも知っていると良いでしょう。手術方法もそれぞれあり、費用が異なってくるため選ぶことが大切です。

RECOMMENDED LINKS

  • 生野愛和病院

    気になることがあれば平野区の病院に電話してして聞いてみるといいでしょう。こちらのスタッフならすぐに応えてくれます。